なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

厳島神社のおみくじ23番/妻問兆 平の読み方と意味

      2016/12/31

厳島神社のおみくじ23番/妻問兆 平
厳島神社のおみくじ23番

妻問兆(平)について解説しています。

厳島神社のおみくじ23番

妻問兆(平)

これはこころにくろうたえざるうらかたなり、
第一女色をつつしむべし、
なにごともはかばかしからず、いそぐときはやぶれをつるべし、
身のおこないをつつしむことかんようなり

方 角:北東の方よし
縁 談:七八分はととのう
失 物:いづべし
病 気:ながびくことあれどもなおる
商 売:うりははやくすべし かいははじめあしくのちよし
建 家:家移り よし
待 人:きたれどもおそし
勝負事:おもわしからず
旅 立:よし、ゆくさきによろこびごとあり

妻問兆(平)の読み方

妻問兆[つまどいのちょう]

平[たいら]

妻問兆(平)の意味

これは心労が絶えないという占いの結果です。

第一に女性関係を慎みましょう。

何事も思うようにいかず、急ぐと悪い結果になるでしょう。

言動を慎むことが大切です。

《 ■他のおみくじの内容も見てみたいという方はこちら■ 》

まとめ

精神的な苦労が絶えません。

まず第一に、女性関係には充分気をつけ、遊びは慎みましょう。

なかなか思い通りにならないこともありますが、焦りは禁物。

不用意に急ぎすぎるとかえって良くない結果が待っていますので、慎重に物事をすすめましょう。

また、自身の言動には十分注意し、慎み深くしていることが大切です。

スポンサーリンク

 - おみくじ