なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

*

干支の亥年の性格と特徴。亥と相性の良い相手と悪い相手は?

   

亥年生まれの性格

2019年は亥年(いどし)。

平成が終わり新たな年号を迎えるという特別な一年でもあります。

一年の中に二つの年号が混在するため、今年誕生する子供にとって どちらになるのかは微妙なところですね。

さてさて、年号は変わっても ずっと変わらないのが干支。

「亥年生まれってどんな性格?」
「干支の亥年の特徴って?」
「亥年と相性のいい干支は?」

それでは順番にみていきましょう。

スポンサーリンク

干支の亥年の性格と特徴

自分の考えや行動に絶対の自信を持っているのが亥年生まれ。

芯がしっかりしており常に堂々としているため、指導者のようなリーダーシップを発揮出来るポジションに向いています。
また、物事に没頭する性格のため、研究者タイプでもあります。

頑固すぎる部分が強調されがちですが、その一途な姿勢に共感してくれる味方も多く、仲間には慕われます。

ただ、周りの意見にあまり耳をかさないため、あきれられたり放っておかれることもしばしば。

場合によっては周りを遠ざけ孤立してしまうこともありますが、当の本人はどこ吹く風。

良くも悪くも あまり人に左右されないところが亥年の特徴です。

干支の亥の意味

十二支の中の一番最後(12番目)の干支である「亥」。
読み方は「イ」もしくは「ガイ」。

「亥」という字はもともとイノシシやブタの骨格を描いたもので、物事の骨組みが出来上がった状態を表しています。

一般的には猪(イノシシ)をイメージしますが、これは干支を覚えやすくするために動物を当てはめるという先人の知恵。
本来は時刻や方位、運勢なんかを示したものだったんですね。

十二支による分類は下記のとおりです。

  • 亥の刻 / 午後9~11時(夕刻)
  • 亥の方位 / 北西微北
  • 亥の月 / 10月(旧暦)・11月(新暦)
  • 亥の五行 / 水気
  • 亥の陰陽 / 陰
  • 亥の十二辰 黄道十二宮 / 双魚宮

「亥」は十二支最後の年。最後とは始まりの前。そして陰陽は「陰」

まさに次にやってくる新たな「陽」の時代に向けて、最もエネルギーが蓄えられている年です。

十二支の中では最後ですが、秘めたるパワーの強さから、むしろ12年の始まりはこの亥年とも言われています。

スポンサーリンク

干支の亥と相性の良い相手と悪い相手は?

◯ 亥年と相性の良い相手

第1位 酉(とり)

お互い、自分が持っていない部分に惹かれ合います。

何事もよく考えて行動する酉は、亥の本能的な部分に魅力を感じ、亥は酉の几帳面な部分に信頼を寄せます。

それぞれに足りない部分を補い合うことで、とてもバランスのいい関係でいることができます。

長く信頼関係を保つには、相手のプライドを尊重し、長所に目を向け短所は受け流す事が必要。

第2位 寅(とら)

困ったときに助け合うことのできるパートナー的存在。

共に強い意思と行動力を持ち合わせているため、意見の違いなど激しくぶつかり合う事もありますが、不思議とストレスは感じません。

亥と違って寅は個人主義。その根本的な違いを理解し、お互いの個性を認め合う事で より絆が深まります。

第3位 未(ひつじ)

行動派の亥と優柔不断な未。一見正反対な性格のようですが凸と凹が上手くかみ合います。

また、ともすれば脱線しがちな亥を、冷静な未が影で上手にコントロールしながら支えてくれます。

おっとりしているようで実はしっかり者の未。その未のサポートがあってこそ亥は自由にできます。

亥は、未に対しての感謝を忘れずにいる事が大切。

✕ 亥年と相性の悪い相手

第1位 巳(み)

亥の自分勝手な行動や考え方に巳がついていけず、つい批判がちになります。
また、そんな巳の態度に亥はストレスが溜まりっぱなし。

お互いにライバル視する傾向があり、また双方が折れないため、小さな事からすぐにもめ事に発展します。

普段から意識的に関係性を希薄にしておくことがトラブルを少なくするコツ。

第2位 申(さる)

一般的なイメージと違い、意外にも亥と申の相性はあまり良くありません。

双方ともに個性が強く主張し合うため、お互いの良い部分をつぶしてしまいます。

話し合いをしても相手の考え方を受け入れる事が出来ず、気持ちは平行線のまま。

あまりにストレスを感じるようなら、一旦関係性を解消する事も必要。

第3位 亥(い)

個性と個性がぶつかり合い、敵視します。

もともと仲間意識が強い亥なので、一度信頼関係を築く事が出来れば固い結束が生まれるのですが、そうなるまでが大変。

どちらかが歩み寄ることをしない限り、どんどん周りを巻き込んで対立します。

もめ事をおこさないためには常に一定の距離感を保ち、相手の考え方を否定しないようにすることが大切です。

 関連記事 

■申(さる)年の性格・相性はこちら
■酉(とり)年の性格・相性はこちら
■戌(いぬ)年の性格・相性はこちら

十二支の亥年に関するまとめ

十二支に出てくる動物は、覚えやすくするために後から割り当てられたもの。なので亥(イ)と猪(イノシシ)は本来無関係です。

ただ、なんとなく亥年生まれの方の性格が猪(イノシシ)っぽいと感じるのは単なる偶然でしょうか?

ひょっとすると適当に当てはめたのではなく、個性や性格を見渡した上で それに近い動物を選んだのかも。

単なる憶測にしかすぎませんが、古い時代の事は解明されていない事も多く 謎に満ちているので「もしかしたら」なんて考えるのも趣があって良いものですね。

いずれにせよ占いは占い。気にしすぎる事無く楽しんでいただけましたら幸いです。

スポンサーリンク

 - 雑学