なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

年越しそばを関西風で。東西具の違い。作り方は簡単なのに超おいしい!

      2016/11/18

関西風の年越しそば
今年もいよいよ終わりに近づいてきました。

一年の締めくくりとして、今年を振り返りながら食べる年越しそば、美味しいですね。

そばって、関東と関西で結構違うんですよね。

それぞれ良い所もあり、またお好みもあるとは思いますが、今年の年越しそばは関西風で食べてみたいという方のために、基本的な違いと、超簡単なのに超おいしい作り方とコツをお伝えします。

スポンサードリンク

年越しそばを関西風でいただく。だしの違い

子供の頃から慣れ親しんだ味っていうのは、大人になっても好みが変わらなかったりするもんですが、なぜか大阪のそばやうどんは関東の人にも好評です。

一番の違いは「だし」にあります。

  • 関東は濃い口醤油+鰹だしベース→色濃い
  • 関西は淡口醤油+昆布だしベース→色淡い

関西は昆布出汁で薄味のように言われていますが、実際には鰹節も使っていますし、味も 見た目以上にしっかりしています。

昔ながらの変わらぬ味と思いきや、実はいろいろと味の改良を重ね、進化してるんです。

年越しそばの具って?

関東はえびの天ぷらが一般的ですが、関西ではニシンが主流です。
ニシンは甘露煮のようになっていて、その甘味が汁にしみだしてきて、さらにだしを美味しくするんですね。

にしん蕎麦は もともとは京都から大阪に伝わったと言われています。
ただ、最近では関西でも天ぷらを入れることが多くなっています。

このへんに関しては、お好みですね。

そば自体は「そばのように長く生きられるように」とか「切れやすいそばを食べて今年の嫌なことを切り捨てる」という意味があるのですが、具に関しては特に意味や言われはありません。

せっかくの関西風ですし本当に美味しいので、できれば一度ニシンで食べていただきたいですが、正直ニシンは結構高い上に関東では手に入りにくいので、天ぷらのほうがお手軽かもしれないですね。

海老天でも かき揚げでもなんでも好きなものでOKです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

京の老舗・やぐ羅の「にしん甘露煮」【にしん】【甘露煮】
価格:1234円(税込、送料別) (2016/11/18時点)

年越しそばの作り方。超簡単でおいしい関西風!

それでは関西風年越しそばの作り方を紹介します。超簡単ですよ。

ポイントは2つ。

・生麺か乾麺を使う。
・白だしを使う。

たったこれだけ。

ゆで麺はどうしても食感が良くないので生麺か乾麺を使います。
麺は後で だしに入れて温め直すので、固めに茹で上げておくのがコツです。

スポンサードリンク

作る手順

  • 1.だしを作る
  • 2.麺をゆでる(固めに)
  • 3.ゆで上がったら水で洗ってぬめりを取る
  • 4.洗った麺をだしに入れ温めなおす
  • 5.お好みの具をのせて完成!

だしの作り方(一人分)

  • 水200cc
  • 白だし50cc(ヒガシマルに限る)
  • だしの素 小さじ1/3(ほんだしに限る)
  • 砂糖 小さじ1/3

※だしを作るときに、斜め切りした白ネギを一緒に茹でると味に深みが出ます。

※トッピングとして刻んだ青ネギがあれば最高です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

作り方は超簡単ですが、びっくりするくらいおいしいです。

自分自身、そばが好きでよく外でも食べるのですが、このレシピ、負けませんよ。

スポンサードリンク

 - 料理・食べもの ,