なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

ホワイトデーのお返しは会社の義理チョコにも必要?金額相場や意味は?

   

会社でホワイトデーにお返し
3月14日はホワイトデー。
会社の人からもらったバレンタインの義理チョコに、お返しが必要かどうか迷ってる人も多いのでは?

「どうせ義理なんだし」とスルーしたり安易な対応をしていると社内の評判が悪くなったり、知らない間に恨みを買うことにもなりかねませんよ。

ここでは迷惑と思われない金額の相場や、注意しておきたいお返しの意味をご紹介しています。

間違ったお返し選びで、職場での居心地が悪くならないよう気をつけましょう。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しは会社の義理チョコにも必要?

バレンタインデーに会社で義理チョコをもらうことってよくありますよね。

あなたは義理チョコ欲しい派ですか? それとも要らない派?

以前は渡す方ももらう方も、その数を競いあうような傾向があったんですが、最近では逆にバレンタインがめんどくさいと感じている女性、またバレンタインのチョコが嬉しくないという男性が増えてきています。

正直、「お返しが面倒だからいらないのに」「お互い気を使うんだから無くてもいいのに」と思うかもしれませんが、もし渡されたときは笑顔でありがたく受けとるのがマナーです。

もともと職場でもらう義理チョコに深い意味はありません。

「今日もお疲れ様です」「ご指導いただき感謝しています」「今後ともよろしく」というような、いわば年賀状みたいなもの。
あまり意識し過ぎずに気軽な感じで受け取りましょう。

で、問題は、もらった場合にホワイトデーのお返しをどうするかですね。

義理チョコにお返しをするほうがいいとき

義理チョコに関しては、贈る側も贈られる側も「めんどくさい」と感じてるという調査結果があります。

この悪習を断ち切るために、あえてお返しをしないという人もいますが、相手の好意に対してノーリアクションというのもなんだか残念な感じがしますね。

女性にしてみれば、めんどくさいと思いながらも「何ももらえないと寂しいかな?」「せっかくのバレンタインデーだし」と男性を思いやった結果。
もちろん 純粋に「日頃の感謝の気持ち」だったり「喜んでもらいたい」と思ってる人もいるかもしれません。

いずれにしても、選んだり買ったり配ったりと手間をかけてくれたわけです。
「いつもありがとう」というメッセージに対し「こちらこそ」というお礼の気持ちを表すのはむしろ自然なことですね。

「別に義理チョコくれなんて頼んでないし!」とか「むしろ迷惑!」なんて言わずに、ちょっとお返しをするだけで会話のきっかけが増えますし、人間関係も円滑になるというものです。

義理チョコにお返しをしないほうがいいとき

義理チョコをくれた全員がお返しを期待しているわけではありません。

相手に気を使わせないよう、あえてお返しを考えずに済む程度のものを、わざわざ選んでくれている場合もあります。

見極めは難しいですが、例えば100〜200円くらいで買えるようなものだったら、それはお返し不要という意味かも。

良かれと思って選んだお返しが、かえって相手の負担にならないよう注意してくださいね。

なお、お返しをしない場合でも「ありがとう」とか「おいしかったよ」など、感謝の言葉は忘れないようにしましょう。

義理チョコの倍返しって?

景気の良かった頃は、ホワイトデーに「倍返し〜3倍返し」というのが流行りました。

そのリターンを期待して、バレンタインデーになると大量の義理チョコをばら撒く女性もいましたが、最近ではそういったケースもぐっと減ってきたましたね。

贈る側としても「高価なお返しを期待してる計算高い女と思われるんじゃないか」という不安を持っていたりするので、倍返しなんかすると逆に相手にダメージを与えてしまうこともあります。

ひょっとすると来年からの義理チョコがなくなるかもしれません。

ちなみに「もらったものより高価なお返しを贈る」というのは、お中元やお歳暮を断るときの方法です。

つまり「倍返し」は、いただくことに負担を感じているけど言葉で言えない時の意思表示でもあるんですね。

ホワイトデーに会社で渡すお返しの金額

意外とむつかしいのがお返しにかける金額。

高価すぎると「勘違いしてるイタイやつ」みたいですし、かといって安すぎると「セコイやつ」と思われそうですね。

お返しは もらったものと同程度のものがおすすめ

一般的な職場での義理チョコの相場は500〜1,000円くらいです。
女性側としても「お返し目当て」とか「かえって迷惑」とか思われたくないので、このあたりが差し障りのない平均値。

これくらいのものを貰った場合は、同等程度の金額ものを選んでお返しすることをおすすめします。

無難路線ではありますが、これなら変に思われる心配はありません。

高価な義理チョコのお返しは半額程度を目安に

かなり高価なものをもらった場合は、義理であっても、日頃の業務に関する強い感謝の気持などが含まれているのかもしれません。

こういったケースではお返しを期待していない場合が多く、仮に同程度のものを選んでしまうと返って相手を残念な気持ちにさせてしまいます。

例えばもし3,000円くらいのものをもらったのであれば、3,000円のものを返すのではなく、1,000円くらいのハンカチと500円くらいのチョコを贈るなどすれば相手に気を遣わせずにすみます。

 注意! 

ひょっとしたら「お返し期待派」だったり「本命」だったりする可能性もありますので、よく見極めて適宜対応してくださいね。

スポンサーリンク

複数の人から値段の違う義理チョコをもらったときのお返し

複数の人から貰った義理チョコで、あきらかに金額に差がある場合があります。

職場などでは仕事の関わり度合いに違いがあるので仕方がないんですが、それぞれ金額に応じたお返しをすべきかどうか悩みますよね。

完全に個別に渡すことが可能なら値段別に分けるのもいいかもしれませんが、そうでない場合、大きさや包装ではっきりと違いがわかってしまうとなんとなく気まずいですよね。

ここでもおすすめはハンカチ。
ハンカチなら大きさもほぼ同じですし、ブランドを変えるなどすれば簡単に金額調整ができます。

人数分すべて違う柄を選んでおけば、値段の差は他の人にはほとんどわかりません。

箱の大きさや包み紙に違いがあると目立ちますので、同じ店で購入してラッピングしてもらうようにしましょう。
リボンやシール等の色を変えてもらっておけば渡す際の目印になりますよ。

あと、やっぱり女性は甘いモノが好きなので、ちょっとしたお菓子などを一緒にあげると喜ばれます。

これもあまり値の張るものは厳禁ですが、大人なので、コンビニチョコよりもちょっと高級な個別包装のチョコのセットなどをバラして使うのがスマートですね。

ホワイトデーのお返しの意味に注意!

ホワイトデーのお返しって何を選びますか?

一般的なのは、チョコレート、マシュマロ、キャンディ、クッキー、など。
最近ではマカロンなんかも人気ですね。

相手が好きそうなものや手頃なもの、といった感覚で、特に気にすることもなく選んでいると思いますが、実はこれらのお菓子にはそれぞれに意味があるんです。

つまりバレンタインのチョコに「あなたが好きです」という意味があるように、ホワイトデーのお返しには「それに対する返事」という役割が課せられているんですね。

チョコレートはバレンタインでも使われているので問題無いですが、問題あるのはその他です。

  • キャンディ=あなたのことが好きです

    意中の人からの本命チョコに対するお返しには最適ですね。
    また義理チョコであっても、こちらの好意を伝えることができるかもしれません。

  • マシュマロ=あなたのことが嫌いです

    マシュマロの白さとホワイトデーをかけて「ホワイトデーにはマシュマロを」みたいに言われていたような記憶があるんですが。。。
    義理チョコのお返しとは言え、知らずに贈ってたとしたら・・・危険すぎます。

  • クッキー=友だちでいましょう

    意中でない人から本命チョコをもらったときや、義理チョコのお返しにちょうどいいですね。

  • マカロン=特別な人

    本命のお返しには最適ですが、義理チョコのお返しに贈ると「うわ、勘違いされた?」って、ちょっと引かれてしまうかも。

今まで何も考えずにお返しをしてませんでしたか?

これ、女性にとっては常識みたいで、当然男性も知ってるものという認識のようです。

あぶないあぶない。

 関連記事 

■バレンタインめんどくさい!会社の義理チョコは嬉しいor迷惑?
■バレンタインのチョコが嬉しくない?男性心理を考えた喜ぶ渡し方とは?
■バレンタインデーに告白したのに返事なし。結果はいつまで待てばいい?
■子供の友チョコにお返しは必要?いつするの?手作りじゃないとだめ?
■バレンタインは逆チョコで告白がおすすめ!渡し方で印象が変わる!
■友チョコがバレンタインの悩み!義理チョコの大量生産はうんざり。
■バレンタインの告白は女からが成功の秘訣!チョコはどんなのがいい?

まとめ

いかがだったでしょうか。

あまり派手なお返しは相手の負担になるだけですが、「ちょっとした差し入れ」「おみやげ感覚」であれば仕事の息抜きにもなりますし会話も増えるなど、いい潤滑剤の役割をしてくれますよ。

なにより義理チョコをくれた相手に心づかいに感謝し、気持ちのよいお返しをしたいものですね。

スポンサーリンク

 - バレンタインデー・ホワイトデー ,