なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

成人式の振袖のレンタル時期はいつごろ?金額はいくら?人気の色や柄は?

      2016/01/04

成人式のニュースをテレビで見て、「あー私も来年は成人式か~」とのんびり構えてたりしませんか?

成人式に着る着物って、みんなかなり前から探して予約してるんですよ。知ってました?

「え〜本当にそんなに早く予約しないといけないの?」

「金額っていくらくらいかかるのかな?」

「人気の色や柄ってなんだろう?」

ここではこういった疑問について解説しています。

スポンサーリンク

成人式の振袖のレンタルする時期はいつごろ?

一般的には1月〜3月にかけてが予約のピークと言われています。

この予約は翌年の1月の成人式に向けてのものです。

つまり自分が出席する成人式の振袖の予約は1年前から始まっているということです。

呉服メーカーもこの時期に合わせてどんどん新作を投入してきますので、お気に入りのものを見つけたいのであれば、やはりこのタイミングで探すのが一番ということになります。

こういったことから、大半の方が夏までには探し終えていますが、レンタルは自体は一年中やっているので、出遅れたからといって借りれないということはありません。

しかし人気商品はすでに先約が入っている可能性が高いので、どうしても選べる色柄は限られてきます。

また、購入される場合は、ピーク時期を過ぎるとプライスダウンするお店も出てきますが、レンタルの場合は年末が近づくにつれ逆に高くなる場合もあるので、あまりギリギリにならないほうが良いでしょう。

レンタルするのであれば、できれば自宅近くが望ましいのですが、実際にはなかなか難しいという場合がほとんどではないかと思います。

でも昔とは違い、今は楽天等をはじめとするネット通販でこういった着物のレンタルを格安で取り扱っているところも増えてきていますし、宅配してくれる業者もいろいろあります。

実店舗の場合、見ることのできる数が限られますが、ネットの場合はたくさんの中からゆっくり選べるというメリットもあります。

近くにレンタル衣装屋さんがない場合、こういったところを利用することも選択肢一つですね。

成人式の振袖をレンタルした場合の金額っていくらくらいが相場?

一般的な振袖のレンタル相場は約1万円~20万円です。

これは帯やバッグなど、小物類すべて含んだ金額です。

金額にかなりの開きがありますが、なにが違うのかと言うと、

まず金額の安いものの多くはリサイクル品と言われるものです。

リサイクル品といっても商品自体が悪いわけではないので、色柄が気に入ればとてもお得です。

高い方の金額のものは新品のオーダーレンタル品が多くなってきます。

オーダーなのでその分納得できるものにすることができます。

POINT

リサイクル品でも柄が染め抜きで生地がしっかりしているものもあれば、オーダー品でも柄がプリントで生地はペラペラといったものもあります。

今はオーダーレンタル品のほうが人気が高い傾向にあるようですが、同じ金額を出すのであればリサイクル品のほうが断然高級感のあるものを借りることができます。

スポンサーリンク

成人式の振袖で人気の色や柄って?

振袖は色と柄によって全然イメージが違いますよね。

選ぶときの楽しみでもありますし、センスが問われる部分でもあります。

【1位.赤色系】
不動の人気色です。
最も女性らしさを表す色ですね。
柄や帯によってモダンなイメージにもレトロなイメージにもできます。

【2位.ピンク系】
これも女性らしさを表現できる色です。
赤よりも柔らかなイメージで、肌の色が最もきれいに映るのもこの色です。
お姫様のような可愛さがあるため、憧れる人が多い色です。

【3位.紫系】
上品で気品のある色目です。
少し大人っぽい落ち着いた雰囲気になります。
最近どんどん人気が出てきている色です。

【4位.黄色系】
明るくかわいらしい色です。
オレンジ系の柄などとの相性もとても良いです。
成人式など、赤系の着物が多い中で抜群の存在感があります。

【5位.白系】
清楚でおしとやかな色です。
柄の色との組み合わせによってさまざまなイメージに変化します。
白い部分が多すぎると少し寂しいかんじになるので、柄が多めのものを選ぶか、帯や小物を少し派手目にするとバランスがとれます。

【6位.黒系】
気品があり、かつ目立つ色です。
淡い花柄などが入ることで高級感がさらに引き立ちます。
大人っぽいイメージかと思いきや、意外にも童顔の方によく似合います。

ご存知のように、成人式では赤〜ピンク系の着物の人が大半を締めます。

それだけ人気の色ということの表れなのでしょうが、多いということはある意味没個性とも言えます。

あえてこれら以外の色を選択するほうが目を惹くでしょう。

青系や緑系などもさわやかな感じがして素敵ですよ。

また基本的に柄が入っている華やかなものを選ぶ方がほとんどですので、逆に無地に近いもので帯や飾りで華やかさを打ち出すというのも新鮮で目立つ方法です。

尚、柄に関しては一時期バラの模様や幾何学模様といった奇抜なものが流行っていましたが、一巡して今は古典柄が人気です。

今の流行がたまたま古典柄というのもあるかもしれませんが、やはり着物にはこの古典的な柄が一番似合う気がします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

振袖の予約、着付けの予約、美容院の予約、すべて1年前から準備に取りかかるというのも、考えてみればすごい話ですよね。

それだけ晴れ着に対しての女性の意識が高いということでしょう。

成人式というのは振袖を着ることのできる貴重な機会でもあります。

気に入った振袖を見つけて、思い出に残る成人式を迎えたいですね。

スポンサーリンク

 - 成人式