なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

財布の使い始めにすること&下ろす日で金運アップを目論む!

      2017/09/23

財布の金運アップは使い始めで決まる

私事ですが、このたび財布を新調いたしました。これを機に金運をアップさせてやろうと目論んでます。

財布を使い始める前って色々とすることがあるんですよね。

  • 財布を寝かせる
  • お金を入れておく
  • 下ろす日は縁起の良い吉日を選ぶ

などなど、一度は聞いたことがあるという方も多いんじゃないでしょうか。

やることや方法自体は簡単ですが、何はともあれ事前の下調べは大切。

ここでは「使い始めまでにすること」についてご紹介しています。

スポンサーリンク

財布を使い始める前にすること

いやー財布を買い替えるのなんて何年ぶりでしょう、もう10年以上かも。

もともと物持ちはいいほうですし、年季の入った革製品とかは好きなのでずっと同じ財布を使い続けてきました。

ただ、これだけ長期間使ってるとさすがに飽きてくるのと、端っこの方がスレてきてたりしてて、「使い込まれた味」というよりも「単に古い」という感じに見えなくもない。

ひょっとして、これってみすぼらしい?

そう考えると、お会計なんかの時に人前で財布を出すのがちょっと恥ずかしくなってきたんですよね。

物に対するこだわりが強い方なんで、なかなか心が動くような財布を見つけることが出来なかったんですが、先日立ち寄った百貨店で目にした財布が気に入って思わず衝動買いしてしまいました。

それがコチラ。

財布の使い始めにすること

手前が新で奥が旧ね。

今まで使ってたのと違って、何ていうか、ちょっとエレガントな感じ?

もう、今すぐにでも使いたい気持ちでいっぱいなんですが、どうせなら世間でよく言われている「金運の良くなる開運財布」にしたいじゃないですか。

というわけで、この際じっくり腰を据えて取り組むことにしました。

財布を寝かせる

聞いたことある方も多いと思いますが、財布って使いはじめる前にお金を入れた状態で寝かせるといいんです。

財布は鳥のように、最初に入ってきたお金のことを自分の親と判断して追いかけるようになるため、お金が溜まるって考えられてるんです。

お金を入れたら 約9日~約2週間ほど寝かせます。これが準備期間。
しっかりと記憶するまでには、ある程度の日数が必要なんですね。

まずは使い始める日を吉日に設定し、そこから逆算して寝かせ始める日を決めるのがベター。

吉日にも色々あるんですが、選び方については後述しますね。

寝かせる時ってお金はいくら入れるの?

まず、新札もしくは きれいな1万円札を偶数枚数用意。

入れる金額はできるだけ多いほうがいいです。
「いつも財布にこのくらい入ってたらいいなあ」というくらいの金額を入れましょう。

札束があれば理想的ですが、「そんな大金用意できないよ」という場合はお札の大きさに切った紙を1万円札でサンドイッチしたものでもOK。

ちなみに今回、思い切って100万円入れてみることにしました。
なにせ、この機会を逃せば次は何年後になるかわからないんで。

そうそう、新札で100万円おろしたら手数料かかったんですが、これって銀行によって違うんですって。
実は口座を持ってなくても、手数料無料で新札に交換する方法もあるんです。知ってました?

 参考記事 

■帯封付きの100万円で金運アップ!銀行で新札に交換する方法と手数料

財布のお札の入れ方

お札は正面を手前にして向きを揃えます。

入れるとき、上下を逆に、つまり諭吉さんの頭が下になるように入れるとお金が出て行きにくくなると言われてます。
闇金ウシジマくんもそう言ってました(笑)

逆に、投資などを積極的にされている方はお金の出入りが重要なので諭吉さんは上向きで。

つまり

上向き:出て行きやすいけど入っても来やすい。
下向き:出て行きにくいけど入っても来にくい。

これに関しては諸説あるので、直感で選んじゃって大丈夫。

ちなみに自分は上向きにしました。投資はしてないですが、このほうがしっくりきたので。

財布の使い始めに札束を入れる

種銭や縁起物を入れる

「五円=ご縁」。五円玉はご縁を呼ぶって話、聞いたことがあると思います。
お金にご縁がありますよう、なるべくキレイな五円玉を呼び銭として一枚入れておきましょう。

キレイな五円玉がない場合は、ソースに浸けて5分くらい置いとけばこの通りピカピカになります。

財布の使い初めに五円玉

神社などで売ってる小さなお守りみたいなのありますよね。金の亀やカエル、フクロウ、打ち出の小槌とか。
ああいった物もいっしょに入れておくといいですよ。

あと、蛇の抜け殻も縁起がいいって言われてます。
公園や草むらなんかにいくと たまーに落ちてたりします。

運良く見つけられたらラッキー。ラップなどでそっと包んで財布にINしましょう。
(そのまま入れると粉々になって絶対後悔します)

もし探しに行こうと思ってる方は虫刺されに注意してくださいね。
自分、以前ブヨに噛まれて散々な目にあってますんで。

■虫刺されで腫れて痛い!ひどい場合はブヨかも?対処法は?
■ブヨに刺されて腫れたときの対処法。冷やす?温める?検証結果は?

財布はどこに寝かせる?

部屋の中心から見て北の方向にあるタンスや押入れなどの暗い場所に静かに保管しておきます。

財布が傷がついたりしないよう、きれいな布や紙に包んであげましょう。

財布の使い始めは寝かす

途中で開けたりして起こさないようにしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

財布を下ろす日はいつがいい?

使い始めの日を縁起のよい吉日に設定します。

ただ、縁起のいい日と言うのも色々あって、どのタイミングで財布を下ろすのが一番いいのかヒジョーに迷います。

  • 寅の日(とらのひ)

    12日周期で廻ってくる吉日。年に約30回ほど訪れる。
    金運の象徴でもある虎にちなんで、寅の日は金運との結びつきが強い日といわれています。

  • 巳の日(みのひ)

    12日周期で廻ってくる吉日。年に約30回ほど訪れる。
    金運や財運に縁のある日で、巳の日にお金に関するお願いごとをすると蛇の遣いが弁財天様に届けてくれると言われています。

  • 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

    月に4~7回ほど訪れる。(結構多い)
    一粒の籾(もみ)がたわわに実った稲穂になるがごとく、一万倍に増えると言われています。
    ちなみにこの日に借金するとに一万倍増えるんだとか。コワすぎ。

  • 天赦日(てんしゃにち)

    年に5~6回ほど訪れる。(かなり貴重)
    新しく物事を始めるのに最善の日。天に昇った神によって全てが許される日とも言われています。

  • 大安(大安)

    年に約60回ほど訪れる。
    六曜による吉凶判断のひとつ。全てにおいて良い日・成功する日と言われてます。

※吉日を調べたい方は、こちらのサイト様のカレンダーが見やすいですよ。

結局使い始めるのはどの日が一番いいの?

「で、結局どの日がいいの?」って事が気になると思うんですが、ぶっちゃけ どの日でもいいんです。

どの吉日もお財布を新たに使い始めるのには良い日なので、あとはお好みで決めちゃって大丈夫です。

でも、どうせならできるだけたくさんの吉日が重なってる日がいいって事になるわけで、自分もそう考えて調べてみました。

そんな都合よく直近で重なる日があるのかっていうと、あったんですよコレが。

2017年7月6日 「一粒万倍日」&「天赦日」&「大安」

3つも重なる日って一年通してもなかなか無いんですよ。

ちなみに2017年でこの組み合わせになるのはこの1日のみなのでかなり貴重。タイミング的にも今から一ヶ月後とバッチリ!

・・・と思ってたんですが、よくよく調べて見るとなんと「不成就日」も重なっちゃってるんですよねー。

「不成就日」は何をやっても成就しないダメな日、いわゆる凶日です。

まあ、それぞれ違う定義や考えを元に作られたものなので重なっても仕方がないっちゃあ仕方がないんですが、なんでよりによって・・・

うーん、吉日が3つ重なってるのは魅力ですが、やっぱり「不成就日」は引っかかります。

仕方がないので他の日も調べてみると、ありました。

2017年6月24日(土) 「一粒万倍日」&「大安」

実は早く使いたくてウズウズしてたんで、10日以上前倒しにできるのはちょっとウレシイ。

「天赦日」が無いのは残念ですが、その代わりに「新月」が重なってるようなので、今回はこの日に決定。
新月と満月の説明はここでは避けますが、時間はボイドタイムを避けた午後からとしました。

というわけで、只今じっくりと寝かせ中です。

ちなみに、財布を買った日は5月29日(月)。
完全に衝動買いだったんですが、あらためて調べて見るとその日もラッキーなことに「一粒万倍日」でした。

財布の金運がアップする色って?

財布の色について簡単にご紹介しておきますね。

  • 黄色:金運を招く力のある色。でも、出て行く力も強い。
  • 白色:新しい運気を呼び込む色。
  • 赤色:金運や財運を燃やしてしまう色。コワー。
  • ピンク:漁夫の利を得やすい色。玉の輿狙いとか?
  • 青色:お金を流してしまう色。
  • 緑色:地道に働くとお金が入ってくる色。うーん、地道かー。
  • 金色:金運がアップする色。でもさすがに金色の財布はチョット。
  • 紫色:地位向上に役立つ色。
  • 黒色:資産を守ってくれる色。コツコツ貯めたい人向け。
  • 茶色:お金がたまりやすい色。

今回買った財布の色はご覧のとおり、茶色が混じった黒色です。
一応、金運的には良い色とされてますが、実は自分、色によってどうこうって あまり気にしてません。

一般的には「赤や青はダメ」みたいに言われてますけど、そんなことないと思うんですよね。
要は、自分が気に入って大事に使うことができればそれが一番いいことです。

いくら金運が良くなるって言われても、愛着のわかないものを持つのはテンション下がりますし。

あと、長財布はよくて二つ折りはダメってのも違う気がするし、ましてや 一年や三年で買い換えるべきなんて意見は業界の陰謀としか考えられません。

もちろん、ボロボロのみすぼらしい財布に運気が集まるとも思えませんので、古くなってもそれなりにきれいにしておく必要はあります。

よく「財布はお金の家」なんて言い方をされますが、一戸建でもマンションでも築年数が古くても、手入れが行き届いた住まいならきっと居心地はいいはず。
逆に新しいお家でも、ゴミが散乱しまくってるようなところには住みたくないですよね。

レシートや使わないポイントカードで足の踏み場もないような家だと、諭吉さんも帰りたくなくなるはず。
いつも中身がキチッと整理整頓されている事が一番です。

 関連記事 

■帯封付きの100万円で金運アップ!銀行で新札に交換する方法と手数料

まとめ

いかがだったでしょうか。

こういう事って、いろんな考え方がありますが、何を信じるかは自由です。

ゲンを担ぐのも自由。ジンクスを信じるのも自由。風水も六曜も自由

大切なのは、「こうすればきっと良くなる」という思い込み。

暦を見ながら

「使い始めはどの日にしようかな?」
「金運良くなるかな?」
「お金ウハウハ入ってきたりして♪」

なんて楽しみながら気分よくやってる事が、自分に良い影響を与えます。

かなり個人的な考えが入っていて恐縮ですが、新たにお財布を購入して、使い始めをどうしようと考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 - 雑学