なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

*

バレエ発表会に招待されたときの服装/差し入れやプレゼントの渡し方とマナー

   

バレエ発表会に招待されたときの服装

知人から突然届いたバレエ発表会の招待状。

何でもその方の娘さんが出演するイベントのようです。

バレエの発表会なんて行ったことないし、どんな服装で行けばいいのか、差し入れやプレゼントのような手土産が必要なのかどうか、全くわかりません。

また、自分の知らないマナーなんかがあるかも。

ここではバレエの発表会について色々調べてみた内容と、実際に行ってみて感じた事についてお話しています。

スポンサーリンク

バレエ発表会に招待されたらどんな服装で行けばいい?

「バレエ? バレエってあの白鳥の湖の?」

実は先日、知人から娘さんが出演するというバレエ発表会の招待状が届きました。

せっかくのお誘いですし、新たな分野に接する機会ということもあって 行ってみることにしたんですが・・・

バレエというものについての予備知識が全くないだけに、どんな服装で行っていいのかすらわかりません。

何となく自分の中ではすごく高尚なもののようなイメージがあって、女性はシルクのドレス、男性はタキシードに蝶ネクタイみたいな格好で「ブラボー」とか言いながら観覧している雰囲気を想像してしまうのですが、ん?それってオペラかな?

まあ、そんな格好じゃなくていいのは何となく解っているんですが、場違いな服装で浮いてしまうのだけは避けたいものです。

色々調べてみたところによると、「カジュアルな服装でも平気」という意見と「ある程度あらたまった格好で行くべき」という真逆の意見がありました。

カジュアルVSフォーマル

カジュアルでも大丈夫なのか・・・

もし周りがきちんとした格好で来てるのに、自分だけラフな格好だと恥ずかしい思いをするかも知れません。

ただ、今回の発表会に出演するのは、そのスクールの大人と子ども合わせて10数人くらいで、大半は幼稚園くらいの小さな子どもです。

なので、おそらく観客は出演する娘さんの親やその友人、孫の晴れ姿を見に来るおじいちゃんおばあちゃん、などの家族連れが中心と思われます。

であれば、そんなにビシッと決めた人たちばかりではないでしょうから、多少カジュアルな格好で行っても違和感はなさそうです。

フォーマルのほうがいいのか・・・

ただ、そうは言っても一応バレエという華やかな舞台を観に行くわけですから、近所に買い物に行くような普段着というわけにもいかないですよね。

誘ってくれた方に対しても失礼のないよう、ある程度あらたまった服装のほうがいい気もします。

フォーマルと言っても、自分が出来る一番あらたまった格好ってスーツくらいです。

まあ、スーツなんてサラリーマンの普段着なんですが、迷った時にはスーツ着とけば間違いないって気もします。

ただ、もし周りががみんなカジュアルだった場合の「なんか勘違いしてる感」「コイツなに張り切ってんだ感」はツライ。

開催される場所によっても違う

当然ですが、開催される場所や規模によっても違うようです。

子どもが通っている教室や、町の小さな公民館で開催される発表会と、コンサート会場などを貸し切って行われる大々的なイベントとでは違って当然ですよね。

で、招待状によると、今回の開催場所は市民センターの大ホールのようです。

規模としてはまあまあ大きい方なんでしょうか。いや、うーん、どうなんだろう?よくわかりません。

悩んだ結果の服装

最後まで決めかねてたんですが、結局カジュアルとフォーマルの中間の、どちらかと言えばフォーマル寄りの格好で行くことにしました。

上は黒のジャケットと、その下にストライプのシャツ+ネクタイ(様子を見て不要なら外す)
下はスラックス+革靴

といった、一番無難な格好になってしまいました。

中途半端な結果でお恥ずかしい。

で当日、実際会場に来ていた周りの方々の服装を見てみると、ある程度きちんとした格好の人が3割、カジュアルな格好の人が7割という感じでした。

きちんとした格好というのは、なんて言うんでしょう?入学式なんかに行くときの父兄みたいな格好です。ただ、男性・女性共にスーツの方はあまりいなかったような気もしました。

カジュアルな方はかなり振り幅が広く、ちょっとしたよそ行きっぽい人から いかにも普段着という人まで様々。
(ジャージにダウンジャケットの人がいたのにはちょっと驚きましたが。)

あとで自分の格好を振り返ってみて思ったんですが、「まあ、もうちょっとカジュアルでも良かったかな」っていうのが正直な感想です。

ジャケットにジーンズに革靴といった感じの「小洒落た感のあるカジュアル」くらいのほうがその場の雰囲気には合ってたかもしれません。

ただ今回感じたのは、「誰も周りの人の服装なんて気にしてない」という事です。

確かに色んな服装の方がいましたが、多分みんな人の格好とか見てないです。それに、舞台を観てる時は真っ暗ですし。

舞台が終わった後も写真やビデオの撮影など、皆、自分の娘や孫のことが気になってそれどころではなさそうでした。

バレエの発表会に差し入れは必要?

差し入れなどの手土産に関しても、持っていったほうがいいのか持って行かなくてもいいのか迷いました。

調べてみたところ、「持っていくのが当然」という意見と「来てくれるだけで充分」という意見があり、どうしたもんかなと。

持っていくとすれば、一般的にはお花が定番のようですが、「発表会終了後にみんなで食べられるもの、分けて持ち帰れるものがいい」といった意見も。

悩んだ結果、百貨店で3,000円くらいのクッキーを買って持って行きました。

花は、どの程度の値段ものがいいのかさっぱり分らなかったのと、買ってから会場に持って行くまでが気恥ずかしいという理由からボツ。

後から思ったことですが、今回の発表会の場合は特にチケットとかもなく、そのままスルッと会場入りする事ができたため、もし手ぶらで行ったとしても肩身の狭い思いをするような雰囲気では無かったです。

でもまあ、呼んでくれた方に対する感謝の意味もありますし、何か持って行っておいたほうが気持ち的には安心できますしね。

スポンサーリンク

バレエ発表会でのプレゼントの渡し方

会場ではプレゼントなどを受け付けるテーブルが用意されていて、そこで渡す相手の名前と自分の名前を記帳して、花や差し入れなどの手土産関係を預けることが出来ます。

いつ、どうやって、誰に渡したらいいんだろうとチョット気になってたんですが、バレエやピアノの発表会などでは、こういった受付で渡すというパターンがほとんどなんだとか。

部外者が楽屋に入るのはNGなので、こういう窓口があると安心ですよね。

バレエ発表会でのマナー

最後にバレエ発表会でのマナーについて書いておきます。

マナーと言ってもごくごく当たり前のことですが、ついうっかりして忘れがちなので確認の意味も含めて。

  • ケータイ・スマホの電源は切っておく

    会場ではプロによるビデオ撮影などが行われている場合もあります。(今回もそうでした)
    着信音のみならず、ブイ〜ンというバイブの音も結構響くので、できれば開演中はマナーモードよりも電源オフがベター。

  • 撮影は禁止

    バレエの発表会ではカメラやビデオでの撮影を禁止している場合がほとんどとの事。
    スマホで撮るのもNGです。
    今回は公演終了後に撮影タイムがあったので、みんなその時に撮ってました。

  • 香水は控えめに

    たまにいますよね、キツイ香水で周りに迷惑をかけてる人。つけるとしても控えめに。

  • 開演中に席を立たない

    公演中に席を立っての移動は、出演者や観客の方の迷惑になります。
    トイレなどは休息時間中などに済ませておきましょう。

  • 拍手をする

    拍手をもらうことは出演している方にとって何より嬉しいことだと思います。
    あまり掛け声とかないので、その分盛大な拍手で盛り上げましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

自分にとっては今まで接する機会の無かった事なので、正直わからない事だらけでしたが、これでまたひとつ良い経験が出来ました。

小さな子どもたちが一生懸命に踊っている姿は、家族でなくても無条件に応援したくなりますよね。

今回はあくまで自分が観に行った発表会のケースであり、イベントの規模や内容が違えば雰囲気などもまた違ってくると思います。

服装や差し入れなどについても、ケース・バイ・ケースだとは思いますが、会場についてから「しまった!」と思っても後の祭りです。

  • 普段着よりはある程度あらたまった服装のほうがいい
  • 手ぶらで行くよりは手土産をもっていったほうがいい

何事も備えあれば憂いなしです。

誘ってくれた方に対しても、自分自身が気まずい思いをしないためにも、ちゃんとしておくに越したことはありませんよ。

バレエの発表会に行くの初めてなんだけど、どうすればいいんだろう、という方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 - 雑学 ,