なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

手足の冷えがひどいときの改善方法。原因は?食べ物やマッサージは?

   

手足の冷えを改善

冬の寒い時期になると手足の冷えに悩まされます。

エアコン等で室温を上げ、ようやく体が温まったと思っていても、ちょっと外に出た瞬間、また手や足の先がキンキンに冷たくなってしまいます。

指先が言うことを聞かなくなるので字を書くのも一苦労ですし、足先なんて冷たいのを通り越して痛みを感じたり。

若い頃は自分が冷え性で悩む日がくるなんて思いもしませんでしたが、やはり年齢とともに体質も変わってきてるんでしょうね。

だからといって、このままだとやはりツライ。

ここでは手足の冷えがひどい原因と改善方法、体を温かくする食べ物やマッサージなど、自ら実践している方法をご紹介しています。

スポンサーリンク

手足の冷えがひどいときの改善方法

自分、男性ですが冷え性です。冬って苦手なんですよね。

寒いのもイヤですが、手足などの末端が冷えるのって本当にツライ。

じゃ夏は大丈夫なのかというと、それはそれでエアコンの冷風が苦手だったりします。

体が冷えると顔色も悪くなりますしね。

まあ、きっと様々なことが重なってこういった冷え体質になっているとは思うんですが、その「様々なこと」の原因を一つ一つ探しだして検証するわけにもいかないですし、かといって何もしないで辛いのを我慢するのも嫌なので、出来ることは何でもやってみるようにしています。

ソックスの重ね履き&スリッパ

すでにご存知の方も多いと思いますが、ソックスを重ね履きすると足先の冷えがかなりマシになります。

「2枚分くらいのぶ厚い靴下でも同じなのでは?」と思いがちですが、全然違います。

外出の際に靴を履くときは、通常のもの×2だとキツくてかえって血の巡りが悪くなってしまうので、薄手のソックスを2枚重ねます。

今は薄手でも保温効果をうたった商品が色々販売されてますので、そういったタイプのものを使用してみるのもオススメです。

家にいるときは、下に普通のソックス、さらにその上にはモコモコした厚手のソックスを履きます。
この2枚を重ねて履くことでかなりの保温効果があります。

さらにスリッパ、もしくはルームシューズなどを履くことで床からの冷たさが伝わりにくくなりますよ。

室内でも手袋を着用

外出時に手袋をするというのは当然なんですが、部屋の中にいるときも手袋は有効です。

手袋と言っても、普通の手袋だとパソコンのキーボードも打ちづらいし、ペンで字を書くのも書きにくいですよね。

なので、自分の場合はこれを使用しています。

手足の冷えには室内でも手袋

たったこれだけのことで手の冷たさが全然違いますし、指先が出てるので作業にも支障が出ません。

柄に関しては・・・もうちょっといいのがあると思います。

保温効果のある長い肌着を着る

正直言うと、長袖の肌着シャツやズボンの下に履くモモヒキ(関西で言うパッチ)って苦手でした。

長袖シャツ=ダサい
モモヒキ=超ダサい

といったイメージが昔からあって、どうも抵抗があったんです。

シャツの手元からだらしなく出てたり、足組んだ時に見えたりしたらカッコ悪いし。

なので、肌着は一年中半袖だったんですが、ある日どうにも寒さに耐えられず、半袖の肌着の代わりに長袖Tシャツを着てみました。

まー、温かいこと。こんなにも違うのかと驚きました。

「寒がりで冷え性のくせに、何カッコつけてんだ!」「冷えて当然だ!」って思いますよね。
ほんとその通りです。それに、今更カッコつけてどうこうという年齢でもありません。

これを機に、ユニクロでヒートテックの長袖シャツとタイツを買いました。

「ヒートテック エクストラウォーム極暖」

冷え性にはユニクロのヒートテック極暖

「通常のヒートテックより1.5倍暖かい!」そうです。
あー、なんでもっと早くに買っておかなかったんだろう。

※ヒートテックのソックスもあるみたいですね。これも試してみたいです。

半身浴をする

自分はどちらかと言えば「カラスの行水」タイプ。
入浴時間は短くてシャワーで済ますこともよくあったんですが、半身浴が血流改善に効果的で、しかも心臓に負担をかけることも無いと聞いたので実践してみました。

実際にやってみると下半身しかお湯に浸かってないにもかかわらず、じっとり汗をかきますし身体全体が温かくなってきます。

さすがに肩の方は寒いのでお湯をかけながらですが、脚はジーンと気持ちいいですし、頭がのぼせることもないです。

実際にお風呂あがりは下半身を中心にポカポカします。
これを続けることで、ある程度の冷え性の改善に効果が期待できそうに感じました。

運動不足を解消

仕事柄、ほとんどパソコンに向かっているので運動不足なのは間違いありません。

運動不足だと、当然筋肉量も落ちてきますし血流も悪くなります。
でも、営業や現場仕事が中心ならともかく、デスクワークだとどうしても運動不足になるのは避けられません。

なので、できるだけ積極的に歩く機会を作るようにしています。

たとえば外出したときなど2駅くらいなら歩きますし、できるだけエスカレータではなく階段を利用するようにしています。

また、時間のあるときは季節を問わずウォーキングなどをするようにしています。

ウオーキング中は歩くリズムに合せて、手を握ったり開いたりしているんですが、これをすることでだんだん手のひらが温かくなってきます。
また、止まっている時も足の指などをニギニギすることで血流が良くなります。

このように、普段から細切れの時間を利用して「歩く」ことを心がけ、また歩くついでに手や足先を動かすことで、少しでもこわばった筋肉に血液を送り込むように意識してます。

冬になってからいきなりウォーキングを始めるのはなかなか勇気がいるので、できればもっと暖かい季節から始めて習慣づけてしまうことをおすすめします。

ただ・・・、以前張り切ってウォーキングしていて、ブヨに刺されてエライ目にあったことが2度あります。
暖かい日も、服装は露出の少ないもののほうがいいかもしれません。

 関連記事 

■ブヨに刺されたーその1
■ブヨに刺されたーその2

この時は歩行すらままならなくなってしまい、しばらくの間はかえって運動不足になりました。(笑)

スポンサーリンク

手足が冷える原因は?

暖房のついた家の中では大丈夫でも、一歩外に出たとたんに手足の先が冷え冷えのカチコチになります。

これはある意味自然な現象とも言えます。

人間の体は気温にかかわらず一定の体温を保とうとします。
体の中で大切な部分といえば内蔵。この内臓部分の温度を下げないよう、手足などの多少温度が下がっても支障がない末端の部分を犠牲にして体の中心に血液を集めるんですね。

ならば、末端の血液を使わなくてもすむよう、体の温度を保つ工夫をすることで手足の冷えを緩和できるのではないかと考えられます。

それには外的な防寒対策をすると同時に、体質の改善も必要になってきます。

手足の冷えに効く食べ物

冷えについては本気で改善したかったので、かなり自分なりに調べました。

食べ物に関しても体を温めるものと冷やすものがあるということも解りました。

夏野菜のサラダなどは体を冷やしますが、加熱した根菜類などは体を温めてくれます。
たとえば大根・ニンジン・ごぼう・さつまいも、etc.

なので、もちろん意識はするんですが、やはり日常生活をおくる上でなかなか全部が全部最善の対処ができるかといえばそうもいきませんよね。

生野菜は身体を冷やすって言っても、定食にサラダがついてくることもありますし、冷たい飲み物を飲む機会だってあります。

生姜をためしてみる

そんな中、生姜について興味深い情報がありました。
以前、ためしてガッテンというNHKの番組で紹介された内容です。

生姜を食べると体が温まるということは一般的によく知られてますが、冷え性の改善を目的とするなら、そのまま食べるよりも乾燥させてからのほうがより効果的なんだとか。

生のショウガに含まれるシンゲロールという成分は手足などの末端の血管を広げる作用がある反面、そこに血液を送り出すために体の深部体温が下がってしまうとの事。これだと根本的な冷えの改善になりませんし、前記した「内臓の温度を保つ」ということができなくなってしまいます。

ところが、生姜を乾燥させることでシンゲロールの一部がショウガオールという成分に変化します。
ショウガオールは血流を良くするだけでなく、深部の熱を作りだしてくれるため、からだ全体を温めることが出来るそうなんです。

作り方としては、買ってきたショウガを薄くスライスして天日干し、もしくは室内で乾燥させます。

これを生姜味のスープにして飲んだり、細かく砕いて調味料のように料理に使ったり・・・すればいいんですが、面倒くさいときは一欠片つまんでそのまま食べたりしてます。

すぐに体がカーっとしくるので、なにかしら冷え改善の効果は期待できそうです。

でもまあ、体質なんてすぐに変わるもんじゃないんで、ある程度の期間続けてみたいなと思います。

ただひとつ難点が。

「そー簡単には乾かん!」

冷え性には乾燥生姜

これでもまだ半乾きの状態です。

天日干しだと虫やゴミがついたり風で飛んだりするし、室内だとちょっとやそっとじゃカラカラにならない。

時間をかけて作っても、乾燥したら量がちょっぴりになるし、そのくせ消費するのはあっという間だし、はっきり言って面倒です。

しかも電子レンジだと発火するおそれがあるそうです。

なんか簡単でいいのないかなと探してたら、ありました。

「温効生姜」

375倍のショウガオールという謳い文句に惹かれ、ちょうどお試し価格で売ってたので購入してみました。

手足の冷えに温効生姜

あー、こりゃ楽だし、自分で作るよりずっといいわ。

紅茶とかに混ぜて飲むのがおいしくておすすめです。

布団に入っても寒くて眠れないなんて時に飲むと、体がポカポカしてきますよ。

手足の冷えに効くマッサージ

手足の指のマッサージ

手や足の指が冷たくなった時によくやるマッサージがあるのでご紹介します。

まず片方の手の指を1本づつ、もう片方の手のひらでギュッーと握ります。
お寿司を握るような感じと言ったら伝わるでしょうか。

このとき、手のひらではなく指の付け根部分を使って握り込むと力が入ります。
さらに握ったほうの親指で、握られている指先の爪部分をグイッと押します。

これを繰り返していると、指がジーンととしてきて徐々に温かくなってくると同時に、握っている方の手も温かくなってきます。

歩いてて信号待ちの時や、電車をホームで待ってる時なんかでも手軽にできます。

次に足の指ですが、さすがに手で握るのはやりにくいし、姿勢も大変ですよね。

そんな時は、片方の足の甲から指にかけてを、もう片方の足のかかとで踏むのがおすすめ。

靴を脱ぎ、椅子に座った状態で、あまり痛くなり過ぎない程度に上からマッサージするように足に重さをのせていきます。

足の甲、指の付け根、そして爪の部分の順に圧をかけることでだんだん血の巡りが良くなってきますよ。

気持ちよく感じるくらいの強さでやってくださいね。

 関連記事 

■顔色が悪いと言われる人は何が原因?良くする方法はこれ!
■乾燥肌によるかゆみの改善方法。保湿の仕方とスグに治す方法
■赤ちゃんが寝てる時の手や足が冷たい!紫色や赤いときは?

まとめ

いかがだったでしょうか。

手足の冷え、なんとか改善したいですよね。

今回は自分なりに実践している対策をご紹介しましたが、もうすでにやっているという方も多いでしょうね。

冷えの度合いなどは人によっても違いますし、もっと症状がひどいという方もいらっしゃると思います。

どういった対処が一番いいのかはそれぞれだと思いますが、少しでも冷えに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 - 健康面でのお役立ち