なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

らっきょうの残り酢の再利用レシピ!汁を捨てるのは勿体無い!

   

らっきょう酢の再利用レシピ

らっきょうを食べ終わった後の残り汁って、どうしてます?

使い道が無いから捨てるしかないって思ってませんか?

らっきょうの成分がしみ出たお酢は、味も美味しくて栄養価も高いです。

捨てたりしたらもったいないですよ。

ここでは、らっきょうの残り酢を再利用したアレンジレシピをご紹介します。

スポンサードリンク

らっきょう酢の再利用レシピ

らっきょう酢って、もともと味はすごくいいんですよね。
なので、別のものに活用することで深みのある味を出せるんです。

今回ご紹介するレシピは、どれも超簡単に出来るものばかりです。

それでは早速いってみましょう!

ピクルス

大根、ニンジン、セロリ、キュウリ、ブロッコリー、カリフラワー、プチトマトなど、余ってる野菜を適当な大きさに切り、お湯でさっと15秒ほど茹でてから保存袋に入れます。

そこに残り酢を入れ、軽く揉んで冷蔵庫で冷やすとすごく美味しい即席ピクルスの出来上がりです。

ジャムの瓶などに移し替えると見た目もおしゃれですよ。

玉ねぎスライスの酢漬け

薄くスライスした新玉ねぎをタッパーなどに入れ、残り酢で漬けておきます。

これだけでとっても美味しいシャキシャキオニオンスライスの完成です。

紫玉ねぎを使うと色鮮やかな一品に仕上がります。
お酢に付ける前に水にさらしておくと辛みがマイルドになりますよ。

タルタルソース

ゆでたまごを2個作って殻をむき、ボールに入れたらフォークを使って細かくします。

玉ねぎ1/4個をみじん切りにし、ラップに包んでレンジで30秒ほどチンして入れます。

もし、らっきょうも残っているなら4~5個みじん切りにして入れます。

マヨネーズ、コショウ、残り酢を大さじ1~2杯、好みの柔らかさになるまで加えて混ぜあわせたら出来上がり。

らっきょうの残り酢を入れることで味わい深いタルタルソースになります。

ネギダレ

水20cc、料理酒30cc、残り酢50ccを耐熱容器に入れ、そこに長ネギ5cm分のみじん切りを加えます。

ラップを軽くかけ、レンジで30秒ほど加熱して一度沸騰させます。

最後に胡麻油をほんの少し入れたら、何にでもよく合うネギダレの完成です。

焼いた厚揚げや、チキンステーキなどにかけるとすごく美味しいですよ。

シシャモの南蛮漬け

南蛮漬けといえばアジなどがよく使われますが、オススメなのはシシャモ。
シシャモは骨が柔らかいので頭から丸ごと食べられます。

らっきょうの残り酢200ccに、輪切りにした唐辛子1本分を入れておきます。

スライスした玉ねぎ1/2個分と細切りにしたニンジン1/2本分を用意しておきます。

フライパンに多めに油を引き、薄く片栗粉をつけたシシャモを揚げます。

揚げたてのシシャモをお皿にうつし、スライスした玉ねぎとニンジンを乗せ、上から残り酢をかけます。

温かいままでも美味しいですが、冷蔵庫で冷やしてから食べると味がシットリと染みていてかなり美味しいです。

ポテトサラダ

皮を剥いたじゃがいも3個を茹でたらボールに入れ、フォークの背でつぶします。

薄く輪切りにしたキュウリ1/2本、同じく輪切りにした魚肉ソーセージ1/2本(ハムでも可)、マヨネーズ、塩と黒胡椒少々を加えてざっと混ぜます。

らっきょうの残り酢を加えていき、お好みの味と柔らかさになったら出来上がり。(多分大さじ1杯くらいが良いのでは)

らっきょうの風味が良い隠し味になった、おいしいポテサラの完成です。

スポンサードリンク

らっきょうの残り汁を捨てるのはもったいない!

このように、らっきょうの残り汁はアレンジ次第でいろいろなものに活用できます。

また、「お酢は健康にいい」って聞いたことがあると思います。
お酢には、体に良いとされる栄養素が含まれているため、さまざまな効果が期待できるんです。

たとえば

  • 食欲増進

    消化酵素の働きが活発になり、食欲を増進させます。
    あまり食欲が無い時でも酢の入ったものなら食べれたりしますよね。

  • 疲労回復

    体内に入ったお酢はクエン酸に変わり、疲労の原因である乳酸を分解してくれます。

  • 殺菌・抗菌効果

    お酢には協力な殺菌効果・抗菌効果・防腐効果があります。
    食事にお酢を取り入れることで、食中毒の原因となる菌からの予防が期待できます。

などなど。

さらに、もともと漬かっていたらっきょう自体もたくさんの栄養を含んでいます。

免疫力アップ、発汗作用、疲労回復、便秘の予防、整腸作用など、多くの効能があるとされています。

中でも有名なのが「硫化アリル」ですね。

この硫化アリルには血液をサラサラにし、動脈硬化の予防に効果が期待できると言われています。

そんな体に良いとされるらっきょうから流れでた成分をたっぷり含んで、さらに良いものへとパワーアップした残り酢を捨ててしまうなんて勿体なさすぎますね。

ぜひ再利用して美味しくいただきましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。

お酢好きの方は、焼酎などで割って飲んだりするみたいです。
一時期流行った黒酢なんかも水やお酒で割って飲む人が多かったので、それとよく似た感じなのかもしれません。

美味しいらっきょうの残り酢、しかも栄養があって体にもいい。

節約にもなりますし、これは有効活用しない手はないですね。

スポンサードリンク

 - 料理・食べもの ,