なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

自動車の廃車はどこでする?古い車を高く売る!必要書類や手続き

   

自動車の廃車はどこでする?

今回、クルマを乗り換えるにあたって、車検間近の我が家の愛車を廃車にすることにしました。
かなり年式の古い車なので、高い買取金額などは期待できそうにありません。

でも今もなお元気できれいな愛車、できるだけ好条件で引き取ってほしいというのが本音。

手続きが面倒くさいのは嫌ですが、依頼先によって値段って違うもんなんでしょうか?

というわけで今回、ディーラー、ガソリンスタンド、廃車買取り専門サイトの3ヶ所で金額を比較検討してみました。

スポンサードリンク

自動車の廃車はどこでするのがいい?

ウチのクルマはかなり古いんですが、見た目はかなり綺麗ですし、走行距離もまだまだ全然大丈夫な感じ。

ただ、数カ月後に迫った車検に向け整備見積もりをしてもらったところ、やはり古いクルマだけに交換が必要な部分が多く、かなり出費がかさみそうです。

しかも13年経過車ということですでに重量税も割高になってますし、どうしたもんかと思ってたんですね。

そんな時に知人から自動車を譲ってもらえる事になったため、これを機に今の車を廃車にすることにしました。

廃車するにもお金がかかるって本当?

「車の廃車にはスクラップや書類手続きなどの費用がかかってしまうため、お金を払わないと引き取ってもらえない」というような話、聞いたことないですか?

一時期、この都市伝説のような話が一般的に信じられた時期もありましたが、実はそんなことはないんですね。

もちろん、クルマの価値が査定0円なのも、手続きに経費がかかるのも理解してはいるのですが、それではあまりにも残念すぎます。

ディーラーで廃車買取り査定

お付き合いのあったディーラーの方から、たまたま良いタイミングで電話をもらいました。

「そろそろお乗り換えのほうはいかがですか?」という電話に対して、新車を買うわけでもないのに廃車した場合の金額を聞くのもどうかと思いましたが、思い切って聞いてみました。

「査定0円でよろしければ引き取ります。」

まあ、そうでしょうね。

ディーラーが車を買い取るのは中古車として再販するためなので、売れない車を引き取っても仕方がありません。

ガソリンスタンドで廃車買取り査定

最近はどこのガソリンスタンドでも「不要車(普通車)1万円で買い取り」みたいな看板をあげてますよね。

普通車なら大抵は動かなくてもスクラップ寸前でもOKというところがほとんど。

実際にどうなのかなと思い、車検見積もりしてもらったコスモ石油さんに聞いてみるとやはり

「1万円で買い取りします」

との事。

大手ガソリンスタンドなのでトラブルがおこる心配もあまりないでしょうし、まあ気が楽っちゃ楽ですよね。

ガソリンスタンドが自宅から少々離れているため、クルマを預けた後に自宅に戻るアシの心配はありましたが。

廃車専門の車買取業者で査定

ディーラーが自動車としての再販が目的なのに対し、こちらはパーツとしての再販が目的。

だから動かなくても壊れてても使える部品のみを中古部品として販売、アルミや鉄などの金属部分は分別してリサイクル。

一般的な買取り相場としては、こういった廃車専門業者に依頼するのが一番お得なはずです。

という事まではわかってたんですが・・・

わざわざ廃車業者さんを探すのが正直ちょっと面倒くさいというのもあって、もうほとんどガソリンスタンドにお願いするつもりだったんですが、こういった機会もあまり無いですし一体どのくらいの差があるのだろうという興味もあり、社会勉強のために廃車専門の車買取業者を探してみることにしました。

ネットで調べてみると、結構いろいろな会社が出てきますね。
査定依頼も思いのほか簡単そうです。

今回は「廃車王」さんで見積もりをとってみることにしました。

査定フォームに必要事項を記入し送信。するとすぐに自動返信メールが届きました。
そして翌日の午前中に、提携されている地元の解体業者さんから早速見積メールがきました。

・買取り料金 15,000円(税込み)(引取り料金 廃車手数料込み)
・自動車税の還付はお客様の方に戻ります。

ほほー、ナルホド、1万5千円ね。
コスモ石油で廃車にするよりも5千円も得。1.5倍ってスゴくないですか?

古い車を少しでも高く売る

もう考えるまでもなく一番条件の良かった「廃車買取業者」さんに決定です。

さっそく電話をして、内容を確認の上、引き取りに来てもらうことにしました。
コスモ石油なら持込みが必要ですが、ここなら無料で引き取りに来てくれるので手間がかかりません。

些細な事ですが、こういったところも時間を無駄にせずにすむといったメリットが有ります。
時は金なりです。

予約日当日、約束の時間にやってきた担当の方に車検証などの必要書類を渡し、書類にサインと印鑑を押して完了。

買い取り料金の15,000円はその場で現金で頂きました。

なんかあっけないほど簡単です。
別れを惜しむ間もなく去っていく我が愛車の後ろ姿に敬礼です。

ちなみに、お気づきかと思いますが、ガソリンスタンドが無料、もしくは1万円で買い取ったクルマはそのまま廃車専門買取業者に引き取られます。

引取りも書類手続きも解体処理も全部廃車買取業者がやってくれるので、右から左に流すだけで差額分が儲かるといった仕組み。

後日送られてきたもの

このときちょうど「NGP 廃車王 秋のご成約キャンペーン」という企画をやっていて、今回それに該当していたということでナント、3,000円のクオカードが送られてきました。

廃車王のキャンペーン

たまたまタイミングが良かっただけですが、こういうのって結構嬉しいです。

あと、廃車した際の証明書、税務署からの自動車税の還付通知なども後日ちゃんと送られてきましたよ。

スポンサードリンク

自動車を廃車するための必要書類

  • 自動車検査証
  • ナンバープレート(前後)
  • 印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 実印
  • 自賠責保険証
  • 自動車リサイクル券

ほとんどはすでにあるものばかりだと思うので、あらためて用意する必要があるのは印鑑証明書くらいでしょうか。

実印は引き取りに来てもらった時にその場で書類に押印するだけです。

※自動車が本人名義でない時は委任状や譲渡証明書が必要になってきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

実は今回クルマを廃車するにあたって、一つひっかかってたことがあったんです。

というも、この数週間前に車検対策としてタイヤを交換したばっかりだったんですね。

交換してからまだ近所に2回買い物に行っただけなので、なんかちょっとくやしいというか、残念というか。
まあ、海外製の激安タイヤなのでまだ諦めもつきますが。。。

この時のタイヤ購入するにあたっての内容も記事にまとめていますので、よろしければ御覧ください。

 関連記事 

■車のタイヤ交換 安いのは?オートウェイvsオートバックス 比較の結果

それにしても、今は何でもネットで調べられて申込みまで簡単に出来てしまうなんて、ホント便利な世の中になったもんです。

何も考えずにディーラーに出していたら0円だったはずのクルマが、メールと電話1本で18,000円(クオカード込)になったということです。これは嬉しい。

しかも引き取りに来てくれて面倒な手続きまで無料でやってくれるなんて、至れり尽くせりです。

今回は廃車王さんでお願いしましたが、他にもこういった廃車買取りを専門としている会社はたくさんあります。

見積もり依頼自体はどこでも簡単にできるので、金額を比較してみるのもいいかもしれませんね。

もしマイカーの廃車をお考えの方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 雑学