なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

バレンタインめんどくさい!会社の義理チョコは嬉しいor迷惑?

      2017/01/06

義理チョコは嬉しいか迷惑か
もうすぐバレンタインデーですね。
本命チョコの渡し方に悩む一方で、義理チョコがめんどくさいと頭を抱えている人も多いのでは?

特に会社用となると数も必要ですし、まわりの人とのバランスも考えないといけないなど、なにかと気を遣いますよね。

そもそも喜んでもらえてるのでしょうか?
良かれと思って渡しているけど、嬉しいどころか、ひょっとしたら迷惑だと思われてるかも?

ここでは職場での義理チョコについて、男性の本音を公開しています。

スポンサーリンク

バレンタインがめんどくさい!

2月14日。
この日がとてつもなく憂鬱でめんどくさいと感じている女性の方って、実は結構多いのではないでしょうか。

本来は思いを寄せる男性に気持ちを伝えるためのものだったはずなのに、いつからか好きでもない人にまで義理で渡すような慣習が出来てしまいました。

会社では義理チョコ一つ渡すのにも何かと気を遣いますしね。

  • 一部の人にだけ渡すと、もらえない人から恨みを買いそう
  • お返しを求めてなくても、それが目的と誤解されそう
  • 他の女性が渡していて、自分だけ用意してないと肩身が狭い
  • 男女比によっては出費がバカにならない
  • 当たり前のように受け取られ、正直、嬉しいのか嬉しくないのかすらわからない
  • ひょっとして、迷惑と思われてるのでは?

考えてるとだんだんめんどくさくなってきますよね。

義理チョコをもらったら嬉しいのか迷惑なのか?

義理チョコがめんどくさいと感じているのは女性だけではありません。

とある意識調査によると、約9割の男性が「義理チョコは不要」という結果に。
しかもその内の約4割が「むしろやめてほしい」と思っています。

物をもらって嫌な気分になる人はいないんじゃないかと考えがちですが、意外にも「迷惑」と感じてる人も結構いるんですね。

ちなみに義理チョコをいらないと思っている割合は、年齢が若くなるほど多くなる傾向にあります。

バレンタインの義理チョコを迷惑と感じる理由って?

  • お返しを選ぶのが面倒
  • お返しにかかる費用が負担
  • もらうときの気恥ずかしさ、それ以上にお返しを渡すときの気恥ずかしさ
  • 甘いモノが苦手。結局家族が食べることになる
  • 仕方なしに配ってる感じがイヤ

本命チョコであれば嬉しいのは当然ですが、義理でもらったものにまた義理で返さなくてはならないというのもなんだか変ですよね。

旦那がもらってきた義理チョコのお返しを奥さんが用意しているというのもよく聞く話です。
普段から節約を心がけてる主婦にとって旦那が会社でもらってくる義理チョコは、ありがた迷惑なものなのかもしれませんね。

義理チョコでも嬉しいと感じる理由は?

  • 気を遣ってくれる気持ちが嬉しい
  • 家族に見栄が張れる
  • 甘いものが好き
  • 貰ったり返したりというやりとりが好き

義理でも何でも、とにかく出来るだけほしいという人もいます。
若いころにたくさんもらってた人は、もらえなくなると自分の評価が下がった気がして寂しいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

職場で気を使わせない義理チョコの渡し方

基本は平等に

義理チョコをあげるなら全員に同じものを渡すようにしましょう。
味や色の違いくらいなら問題無いですが、全然違う種類のものだと、場合によっては差をつけられたと誤解される事もあります。

また、社内や部署内で、もらえる人ともらえない人がいるとお互い気まずい思いをします。
キライな人がいたとしても、ここは大人になりましょう。

相手の人数が多い場合

渡す人数が多くて金銭的な負担が大きくなりそうなときは、たくさん入った詰めあわせみたいな物がおすすめ。
ケータリングのように社内の目立つ場所に置いておくといいですよ。

もしくは上司や代表的な人に「皆さんで食べてくださいね♪」と渡すのもOK。
あくまで差し入れ的な感覚で。

相手が少人数の場合

逆に人数が少ないくて、一人づつ配るという場合はできるだけ全員が揃っている時に渡すのがベター。
そのほうが特別感がなく、義理という意思表示ができるため勘違いされずにすみます。

渡す際は「疲れた時にでもどうぞ。」と一言添えると好感度アップです。

 雑談 

最近では義理チョコ禁止なんていう会社もあるようですね。

お互いの負担を軽減する目的と、お中元やお歳暮等の贈答と同じく、それが直接人事評価につながることの無いようにという会社側の配慮ですが、ここまで会社が介入してくるようるというのも驚きです。

気を遣わせない義理チョコの金額っていくらくらい?

お返しが欲しいわけではなく純粋に日頃の感謝の気持ちなのに、変に気を遣って高価なお返しをされるとかえって気まずいですよね。
奮発して見返りを求めてるかのように思われるのは不本意ですし、勘違いされるのも厄介です。

金額的には500〜1,000円くらいを考えている女性が多いようですが、これだとちょっと高い気がします。

できればもらう側に負担を感じさせない100~300円くらいを推奨します。高くても500円以内のほうがいいですね。
それ以上になると、どうしてもお返しを考えてしまいがちになるからです。

お返しをされたくないのであれば、渡す際に「お返しはいらないですからね~」と嫌味の無いようにサラッと言っておくといいですね。

また、「お返し不要です☆」「お返しは禁止ですよ♪」などと書いたカードなどを入れておくのも効果的です。

 ちなみに 

男性もお返しに関してはどうすべきか悩んでいるみたいで、こちらの記事がよく読まれてます。参考にしてくださいね。
>>■ホワイトデーでのお返しは会社の義理チョコにも必要?金額相場や意味は?

 雑談 

バブルの頃は『倍返し~3倍返し』があたりまえだったので、ある程度以上の年齢の人には未だにその変な常識が頭に残っています。

当時は『海老で鯛を釣る』かの如く、ここぞとばかりに、まるで餌撒きのように義理チョコをばら撒く女性も多数いました。
彼女たちにとってはすこぶる回収率の良い投資だったんですね。

もちろん釣られた男性陣はスゴイお返しをして女性からの評価を上げようとしてました。

景気が良かったとは言え、今考えればなんだか変なかんじですね。

職場での義理チョコはどんなのがいい?

スーパーやコンビニで売ってるような普通のチョコレートでも全然いいんですが、それではちょっと気が引けるという場合もありますよね。

そんな時はカルディやジュピターなどの輸入食品のお店にいくと、普段あまり見ないような変わったチョコレートが安価で売ってます。

また、ちょっといいブランドのチョコレートをあげたいのであれば、1~2粒がオシャレです。
もらう方もそれほど気を遣わなくてすみますので純粋に喜べます。

あ、ハート型チョコや変に凝ったラッピングなどは誤解されるかもしれないのでやめておきましょうね。

あと、手作りもやめておいたほうが無難です。
最近は潔癖症な人も多いですし、重いと感じられる可能性もあります。

シャレのきいているものとしてオススメなのが「ほんの気持ちチョコレート」
熨斗がデザインされた袋に「ほんの気持ちです」の文字。
見た目もかわいいですし、もらった方も楽しくなりますね。

個別包装されており1個あたり約10円とすごく安いので、社内のみならず、お客さんなんかに大量に配るときにも便利ですよ。

いくらなんでもこれだと小さすぎる、という場合は「こころふせん」がおすすめ。
付箋に熨斗が印刷されていて、文字やサイズのバリエーションももいろいろ。
これならいろんなものを「ほんのきもち」仕様にできるので便利ですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【クロネコDM便対応】マルアイ こころふせん KF
価格:241円(税込、送料別) (2016/12/27時点)

あまり安いものだとガッカリされるのではないかと心配かもしれませんが、気兼ねせずに喜んでもらえるという意味ではこういったプチ商品もいいですよ。

むしろ「気を使わせないように考えてくれているな」というのが伝わるので「デキる女子」を印象づけられるかもしれません。

 関連記事 

■バレンタインのチョコが嬉しくない?男性心理を考えた喜ぶ渡し方とは?
■バレンタインデーに告白したのに返事なし。結果はいつまで待てばいい?
■ホワイトデーでのお返しは会社の義理チョコにも必要?金額相場や意味は?
■子供の友チョコにお返しは必要?いつするの?手作りじゃないとだめ?
■バレンタインは逆チョコで告白がおすすめ!渡し方で印象が変わる!
■友チョコがバレンタインの悩み!義理チョコの大量生産はうんざり。
■バレンタインの告白は女からが成功の秘訣!チョコはどんなのがいい?

まとめ

いかがだったでしょうか。

「いきなり今年から義理チョコ無しというのもかわいそう」と思うかもしれませんが、男性は案外ホッとしているのかもしれませんよ。

もらったらもらったでホワイトデーのお返しに頭を悩ませるんですよ。

女性は「あげないといけない」事をめんどくさいと感じ、男性は「お返ししなければいけない」事を面倒と感じてます。

もらったからお返しをする、お返しをしてもらったからまたあげるの繰り返し。
「年賀状をやめたい」「お中元やお歳暮を断りたい」と思っている人が多いのと同じで、実はお互いやめるきっかけがほしいのかもしれませんね。

もし、日頃の感謝の気持を示したいのであれば、できるだけもらう側が負担を感じないようなものにしましょう。

スポンサーリンク

 - バレンタインデー・ホワイトデー ,