なにかとタメになるブログ

Just another WordPress site

引っ越しの住所変更を郵便局で手続きするのに必要なもの/いつすればいい?

      2016/10/07

引越しの住所変更を郵便局で手続きする
引っ越しが決まったら、やらなければならないことがたくさん出てきて、急に慌ただしくなりますよね。

そんなドタバタの中、転出届などの市役所関係の業務に気を取られ、つい忘れがちなのが郵便局での手続きです。

しかしこれを怠ると大切な書類が届かないだけでなく、他人の手元に届いてしまう事もあるんです。

ここでは引っ越しの際に行う郵便局での手続きについて解説しています。

スポンサードリンク

引っ越しで住所変更になったら郵便局ではどんな手続きをするの?

引っ越しする際に気になるのが郵便物ですね。

実家から出て一人暮らしを始めるような場合であれば、たとえ手続きをしていなくても郵便物は実家に届くので、それほど困ることもないかもしれませんが、一人暮らしの方が別の住所に引っ越しをする場合などは郵便局で転居届を出しておかないと旧住所宛の郵便物は送り主に返送されるので手元には届きません。

この転居届を出しておくことで、旧住所に届いた郵便物を1年間、新住所に転送してくれます。

なお、この転送期間ですが、1年を過ぎる前に再手続きすれば、引き続き1年間転送してくれます。

何回までとかの回数も決まっておらず、手続きを続けているかぎり何年でも転送し続けてくれます。

転送期間を過ぎると、旧住所に届いた郵便物は宛先不明あつかいになります。

たとえ旧住所が実家であり表札が出てたとしても、また家族が住んでたとしても、全て宛先不明で送り主に返送されてしまいますので注意が必要です。

郵便局の住所変更の手続きで必要なものは?

 手続きの際に必要なもの 

  • 本人確認のための運転免許証や健康保険証など
  • 旧住所が確認できる運転免許証やパスポート、住民票など

全国の郵便局の窓口で受け付けてますし、パソコンや携帯、スマホなどでも手続きできるので、これならわざわざお休みを費やす必要もなく便利です。

スポンサードリンク

住所変更を郵便局で手続きするのはいつがいいの?

実際に転送を開始してもらいたい日付の10日前くらいにまでに手続きするのがベストです。

転送届には「転送開始希望日」という欄があり、希望する日にちを指定できるようになっています。

ただし、手続きしてから実際に登録完了となるまでに3~7営業日かかるので、土日とかを考慮したとしても大体10日前くらいなら安心ですね。

 参考記事 

■住所変更と住民票を移す違いやタイミング。引っ越しで変更しないとどうなる?
■免許証の住所変更を住民票を移さずにするやり方と手続きの時間
■長期間不在にする場合の郵便物やチラシ等に関する対策と注意点とは?

まとめ

いかがだったでしょうか。

一人暮らしの方などで、前の住所での居住期間が短い場合は「別にダイレクトメールくらいしか届かないし」と転居届の手続きをしない方もいらっしゃいますが、今まで住んでいた賃貸物件には新たに別の住人が住むことも考えられますし、そうなると個人情報が漏れてしまうことになります。

「別人のところには届かないだろう」と思っていても、ポストに表札が出ていなかったり、新しい住人がたまたま同姓という事だってありえます。

そうなると銀行やカード会社などからの重要なものを誤配されてしまう可能性だってあります。

手続自体はとても簡単なので、面倒臭がらずにきちんと済ますようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 引っ越し ,