なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

厳島神社のおみくじ40番/白檮の宮兆 大吉の読み方と意味

      2016/12/31

厳島神社のおみくじ40番/白檮の宮兆 大吉
厳島神社のおみくじ40番

白檮の宮兆(大吉)について解説しています。

厳島神社のおみくじ40番

白檮の宮兆(大吉)

これは末の子に生れても、そうりょうのやくを務むるうらかたにて、
上たる人は国を治め、下々の者は家をおさめ、すたれたるを起し、
絶えたるをつぎすえずえ栄ゆ、労して功あり、めでたきことも数々

方 角:南西の方よし
病 気:日ならず治る
縁 談:よし
建 家:家移り大吉
商 売:十分あわせあり
勝負事:勝つべし

思うこと、願うこと、かなわずと言うことなし、よき種をまきて豊年にあえるがごとし

白檮の宮兆(大吉)の読み方

白檮の宮兆[かしはらのみやのちょう]

大吉[だいきち]

白檮の宮兆(大吉)の意味

これは末っ子に生まれたとしても、総領の役割を務めることになるという占いの結果です。

上に立つ者であれば国を治めるような立場になり、一般人であれば家長を務めることになります。

廃れたものでも立て直し、絶えた状態のものも継いで栄えさせるることができます。

努力は報われ、めでたい事も数々あります。

思いや願い、叶わないことはありません。

良い種をまくと豊作になるというようなものです。
《 ■他のおみくじの内容も見てみたいという方はこちら■ 》

まとめ

不利な状態であったとしても全く問題にせず、全て勝ちにつなげることができます。

すでに上の立場である人は、さらにそれらをまとめるような役割につきます。

一般的な立場の人でも、同じくそれらをまとめるような立ち位置になるでしょう。

廃れきった体質により、先が危ぶまれていたものもしっかりと立て直すことができます。

努力は報われ、たくさんの良い出来事があるでしょう。

良い種をまいて、良い実がたくさんなるように、思ったこと、考えたこと、願ったこと、全て良い結果としてあらわれます。

スポンサードリンク

 - おみくじ