なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

厳島神社のおみくじ37番/鵜羽産屋兆 平の読み方と意味

      2016/12/31

厳島神社のおみくじ37番/鵜羽産屋兆 平
厳島神社のおみくじ37番

鵜羽産屋兆(平)について解説しています。

厳島神社のおみくじ37番

鵜羽産屋兆(平)

これは心せわしくとりみだしたるさまを
人に見らるるのうらかたにして
ものにはづる心あり、出世せずといえども、
そのおいたちを人にしらるゝかたさなり。
慎しみ深ければさしたるあやまちなし。

方 角:南東
待 人:来たる
病 気:治る、女は安産す
建 家:家移り、急ぎてよし 遅き時はさまたげあり
失 物:いづる
旅 立:あしかるべし
縁 談:よし
商 売:いがいの得分あり
勝負事:勝ちなり

鵜羽産屋兆(平)の読み方

鵜羽産屋兆[うがやのうぶやのちょう]

平[たいら]

鵜羽産屋兆(平)の意味

これは、心せわしく取り乱している様子を人に見られてしまうという占いの結果です。

恥じる気持ちがあり、出世しなかったとしても、その生い立ちを人に知られるのには抵抗があるかもしれません。

慎み深く生きていれば間違うことはないでしょう。

《 ■他のおみくじの内容も見てみたいという方はこちら■ 》

まとめ

動揺し取り乱している様子を人に見られてしまうことがあるかもしれません。

上手くいかない原因が他にあったとしても、その理由を知られることには抵抗があり、また恥ずかしいという気持ちもあります。

生い立ちや過去の事などを引きずるのではなく、慎み深い心を持って誠実に生きていれば大丈夫です。

なにも恥じることや思い悩む必要などありませんよ。

スポンサードリンク

 - おみくじ