なにかとタメになるブログ

Just another WordPress site

厳島神社のおみくじ15番/御神楽兆 向吉の読み方と意味

      2016/12/31

厳島神社のおみくじ15番/御神楽兆 向吉
厳島神社のおみくじ15番

御神楽兆(向吉)について解説しています。

厳島神社のおみくじ15番

御神楽兆(向吉)

これは先にいろいろうきかんなんありといえども、
真心をつくしてことをなす故ついによくならんとする心なり、
しかしがよく深く、りんしょくの人は災いをまぬがれがたし、
よくよく慎みて後の倖を待つべし。

方 角:南東の方よし
失 物:おっつけ出る
旅 立:いたってよし
商 売:売りは中、買いはいたってよし
勝負事:かなう
病 気:おいおいとよくなる
待 人:来る
縁 談:よし
建 家:家移りよし

御神楽兆(向吉)の読み方

御神楽兆[みかぐらのちょう]

向吉[むこうきち]

御神楽兆(向吉)の意味

この先、色々な苦難があろうとも、真心をつくして物事に取り組み、良くなろうとする気持ちが大切です。

しかし、欲深くむやみに金品を惜しむような人であれば、災いをまぬがれる事は難しいでしょう。

慎み深くしておき、後に訪れる幸運を待ちましょう。

《 ■他のおみくじの内容も見てみたいという方はこちら■ 》

まとめ

これから先、さまざまな苦難や悲しみが待ち受けていようと、真心をつくして物事に取り組んでいれば、ゆくゆくは良い方向に向かいます。

そういった真摯な態度でいることや、よくなろうとする前向きな気持ちが大切です。

しかし、むやみに金品を惜しむような、けちな気持ちでいると、いつまでたっても苦難から逃れることは難しいでしょう。

向上心を持ちながらも常に慎み深い気持ちでいることで、やがて運は開けてきます。

その時を待ちましょう。

スポンサードリンク

 - おみくじ