なにかとタメになるブログ

知ってるとタメになる情報をお届けしています。

厳島神社のおみくじ27番/報矢兆 凶の読み方と意味

      2016/12/31

厳島神社のおみくじ27番/報矢兆 凶
厳島神社のおみくじ27番

報矢兆(凶)について解説しています。

スポンサードリンク

厳島神社のおみくじ27番

報矢兆(凶)

これは心正しからずしてみをほろぼすのうらかたなり、
ゆえにふかくつつしみて、心をしょうじきにもつべし、
人のざんそをもちいて、とがなき人をいみきらうことあり、
女につきさいなんをうくることあり

方 角:北の方よし
待 人:きたらず
建 家:家移り みあわすべし
勝負事:まけとしるべし
失 物:いでず
病 気:あやうし
縁 談:よろしからず
旅 立:かえるときなし、つつしむべし
商 売:かい半吉 売大そん

何事もこうかい先にたたず、つつしみを第一とすべし

報矢兆(凶)の読み方

報矢兆[かえしやのちょう]

凶[きょう]

スポンサードリンク

報矢兆(凶)の意味

心が正しくないと身を滅ぼす結果になります。

したがって、深く謹んで心を正直に持ちましょう。

人をおとしいれようとしたり、罪のない人をひどく嫌うことがあります。

女の人から災難を被ることがあります。

《 ■他のおみくじの内容も見てみたいという方はこちら■ 》

まとめ

正しい心をもっていなければ、それがよくない結果となって自分にかえってきます。

気に入らない人を恨んだり妬んだり、また罪のない人を嫌ったり陥れようなどと考えてはいけません。

人を呪わば穴二つと言うことわざをご存知でしょうか。

人を恨んで墓穴に落とそうとすると、自分ももう一つの墓穴に落ちてしまう。

つまり、他の人に害を与えるようなことがあれば、必ず我が身に報いがあるこということの例えですが、まさに今の状態をあらわしているようです。

女の人から災難を被ることがあるかもしれませが、自分の感情の持ち様に充分に注意し、慎み深く常に真っ当な気持ちであるよう心がけましょう。

スポンサードリンク

 - おみくじ